« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月

暑い夏でしたね(2023.10.30)

今年も残すところあと2か月となりました。

振り返ると、今年の夏は連日の酷暑日で暑さに体調を整えるのが難しかった記憶があります。

今年の夏はずっと暑かったと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それもそのはず、東京の平均気温の統計データを見ると以下のようになります。

201030_1 

7月から9月の平均気温はいずれも過去最高となっています。

8月に至っては平均で34.3℃です。平均で…。

しかも、気温の図り方について、気象庁のホームぺージ上で「気温の観測は、風通しや日当たりの良い場所で、電気式温度計を用いて、芝生の上1.5mの位置で観測することを標準としています。また、電気式温度計は、直射日光に当たらないように、通風筒の中に格納しています。通風筒上部に電動のファンがあり、筒の下から常に外気を取り入れて、気温を計測」と記載されています。つまり、芝生の上の直射日光の当たらない場所です。

これは、生活空間とはかけ離れた環境ですね…。アスファルトの上で輻射熱を浴びているとなると、体感温度が何度になるかは想像を絶します…。

 

ちなみに、猛暑日(最高気温が35度以上)の日数は以下のとおりです。

201030_2

2020年は8月が暑かったようですが、前後の月はそれほどでもありませんので、今年の夏はす~っと暑かったといっても間違いではなさそうです(少なくとも統計データからはそう読み取れます)。

 

10月になり一気に秋の空気に変わりましたが、今年の冬はどうなるでしょうか。

それでは、体調管理にはくれぐれも気を付けて過ごしていきましょう。

 

ピカル☆LED

ちょこっと運動(2023.10.23)

朝晩肌寒さを感じる今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、〇〇の秋、といろんな秋がありますよね。

私は現在「スポーツ?の秋」を実践中です。メインはゴルフの打ちっ放しですが…。

巷で話題の「チョコザップ」皆さんご存知でしょうか?

コスパの高さからわずか13ヶ月で会員数が83万人と日本一になったそうです。隙間時間で楽しめるタイパの良さも要因みたいです。(10/20・日本経済新聞記事)

スマホにアプリをダウンロード、入退室はQRコードをかざすだけ、あとはCMの通りです。

「ガチ」で体を鍛えたいという方がほとんどいないのが特徴のようです。

私も会員になって約1年になりますが気軽にいつでも利用できるのでとても便利です。

週末に30分ほど利用しますが周りを見ていると10分程度ランニングマシンで走ったり、バイクマシンを漕いだりしてさっと退室される方がほとんどです。

まさに「ちょこっと」皆さんも覗いてみてはいかがですか?

ちなみに、税理士法人 新日本筒木は経済産業省から健康経営優良法人の認定を受けています。

何事も体が資本、チョコザップで「健康づくり!!」です。

 

担当 ダンディートシ

 

 

工場見学(2023.10.16)

 暑い夏もここに行けば涼しいだろうと、仲間3人で9月の連休に中央アルプス千畳敷カールに行ってきました。


 ところが期待はみごとに裏切られ、真夏日。しかも天気急変、霧にまかれ、それでもとロ-プウェイで2,612メートルの千畳敷駅まで行って近場を散策。チングルマが綿毛になり、ナナカマドの実が色づき始めていましたが、不完全燃焼。
さて、どうしたものかと思案した結果、早く下山して、翌日観光をすることにしました。


 宿の近くの光前寺さんで霊犬早太郎伝説の早太郎やヒカリ苔などを見て回り、一日目終了。


 二日目は、近くの養命酒工場とマルス信州蒸留所を見学することに。
 養命酒工場では、製造工程と出荷ラインを見学。薬用酒養命酒の原酒はもち米100%のみりんであることに驚き、その後14種類の生薬を浸けて成分を抽出、調製し、数十に及ぶ品質基準をクリアして瓶詰め出荷へ。瓶詰め工程はずっと見ていられるくらい楽しかったです。


 続いてマルス信州蒸留所
 ウイスキー作りの設備と製造工程を見学し、ウイスキー、ワイン、南信州ビールの試飲を楽しみました。中央アルプス駒ヶ岳山麓の「雪解け水」が生んだ「シングルモルト駒ヶ岳」おいしかったです。


 また、近くに「アサギマダラの里」があり、旅する蝶アサギマダラが見られると聞き近くに行きましたが、すこし時期的に早かったようで、一頭しか見られずに残念でした。


 やはり、現場を見ることはいろいろな発見や驚きがあります。
 さらに、11日の新聞で、サントリーが山崎蒸留所の一般公開を11月1日から再開するとの発表がありました。


 良い季節になるので、工場見学など趣味と実益を兼ねた楽しみ方をしていきたいと計画をしています。
 皆様もご自分の好きなこと楽しんで、体と心のリフレッシュをしましょう。


 ゴン父

よしなし事(2023.10.9)

みなさまこんにちは!

いかがお過ごしでしょうか。

10月に入り、ようやく爽やかな秋風にのってキンモクセイの甘い香りが感じられる季節になりました。

今年の夏は本当に暑かったですね。

これからの季節、美味しいものをいっぱい食べ、スポーツを楽しみ、そして溜めてしまっている本を読み、、、、

すこし遠出をして緑いっぱいの公園でお昼寝も気持ちよさそうですね。

たくさん趣味を満喫したいです♪

 

 

さて、本日はよしなし事を書き綴ってみたいと思います。

 

私の名前(広弥)はよく男性に間違えられます。

子どもの頃は男子名簿にいつも名前が載っていました。

習い事でプールを始めたとき、男子更衣室に名前が書き連ねられており

その時はさすがにコーチに言いに行きました。

 

いつしか大人になり、ある出来事がありました。

お世話になった方へみんなでプレゼントを贈った時のこと。

その方からお返しにと、男性はタオル、女性はガーゼハンカチをいただいたのです。

そのお品には贈った私たちそれぞれの名前が刺しゅうされていました。

私には男性陣と同じ包み紙。

おや?と思って開封したところ、男性用タオルでした。

そのタオルはいつも愛用しているブランドの洗練されたデザインで丈夫な生地のものでした。

汗かきな私は思いがけず嬉しい出来事となりました。今でも大切に使わせていただいています。

 

人生の折り返し地点に立とうとしている今、いろいろな出来事がありました。

両親からもらったこの名前が大好きです。

スノーシー

自転車が・・・(2023.10.2)

みなさん、もう聞き飽きたかもしれませんが・・・今年の夏は本当に暑い夏でした。

まだ過去形にしてはいけないかもしれませんね。

もはや私一人となってしまったつーさんずサイクリング部の部長として爽やかな春風を感じ、夏の暑い日も、木枯らししみる秋の日も、時には冬の雪をもかき分けて自転車通勤をしてまいりました。

しかし実はというと2020年から夏の暑い時期は電車通勤をしている軟弱な部長です。

ただでさえ汗かきの私が熱波のなか朝日に向かって進む8㎞は異常なほどの発汗を生じさせます。

この4年間、段々と電車での通勤期間が長くなってきており、今年は628日より今日に至るまで電車にて通勤しております。

そんなわけで最近はあまり自転車に乗っていなかったのですが、先日久しぶりに自転車に乗ったところ、なななななんとハンドルのゴムの部分が太陽の熱でドロドロに溶けてしまっているではありませんか。

今年の2月に長年連れ添ったBianchiちゃんから買い替えたばかりのTREK君のハンドルが見るも無残な姿に変わり果てているのです。

恐るべし2023年の太陽。

最近は我がふるさと北海道も異常なほどの暑さです。

地球はこの先どうなってしまうのだろうと真剣に考えます。

「地球は祖先からの贈り物ではない、子供たちからの預かりものだ」というネイティブアメリカンの教えがあるそうです。

今の地球より畳の目ほどでもいい、ほんの僅かでもいい、人も自然も生きやすい環境を子供たちに返していけるよう1人/80億人の使命を果たしていこうと心に誓う今年の夏でした。

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »