« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

パラスポーツ(2018.9.24)

こんばんは。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?過ごしやすい日が多くなり段々秋の気配がしてきましたね。

さて、2020年東京オリンピック・パラリンピックまで2年を切りました。各地でオリンピック・パラリンピックに関するイベントも多く催されています。そんな中、先日私はパラリンピックに向けたパラスポーツの体験イベントにお邪魔し、3つの競技にトライしてきました。少しご紹介させてください。

まず一つ目はローリングバレーボールです。この競技は1チーム6人で、通常のバレーボールよりも低めに張ったネットの下にボールを転がして競います。基本的なルールはバレーボールと同じですが、選手は正座の状態をキープしながら片手のみでボールを扱わなければなりません。なので、一人一人のカバー範囲が限られる中いかに先を読んでポディショニングし、周りとコミュニケーションを取るかが大切と感じました。

2つ目はサウンドテーブルテニスです。この競技は目隠しをして、音がなるボールを使いテーブル上で転がして対戦します。実際に体験してみて、自分がいかに視覚に頼っているのかを痛感させられました。音の方向や強弱でボールの位置をつかまなければいけないので、ラリーさえ全く続けることができませんでした。難しい!!

3つ目はボッチャです。名前だけは何となく耳にしたことがあったのですが、どのような競技か全く知らなかったので挑戦しました。具体的なルールは下の写真をご覧ください。プレーしてみて他の2つの競技よりはプレーしやすいと感じたのですが近づける的となる白いボールが動くというところにこの競技の戦略的な奥深さと面白さを感じました。

Img_0928_5

今回パラスポーツを体験して似たような競技でも必要となる能力が全く異なること、障がいの有無を問わず誰でも楽しむことができるものだと実感しました。スポーツに対する自分の幅を広げるとても楽しい体験でした(^^)/

 

皆さんも機会を見つけてぜひトライしてみて下さい!

担当:はっぴーしんちゃん

 

秋期大学(2018.9.17)

Img_1686_2


今回は、
913()渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行われた「TKC東京都心会 秋期大学」をご紹介致します。「秋期大学」はTKCの各地域会ごと毎年この時期に開催される大規模な研修会で、今年のテーマは「つなぐ~新時代の幕開け~」です。

 

今年の秋期大学は、事務所・職員等の【表彰】と講師を招いた【特別講演】の2部構成になっています。

 

【表彰】

職員論文テーマ「つなぐ~新時代の幕開け~」に参加された114名の応募の中から、審査によって表彰されます。

今年の論文は、当社から諸永大輔が「優秀賞」、そして飯嶋奈緒美が「敢闘賞」に選ばれました。おめでとう!

これで、当社は第1回秋期大学から今年の23回まで、23年連続受賞となります。やった~。

Img_1688_3

【特別講演】

テーマ『「人と自然と技術の共生」する企業創りを目指して~マイナスをプラスに変える五感経営とは~』

石坂産業㈱代表取締役 石坂典子氏をお迎えしての講演でした。

石坂産業㈱さんは、住宅廃材の処理会社として社会から必要とされながらダイオキシン問題で地域から大バッシングを受けました(のちにマスコミの誤報だと判明しました)。しかし、廃材の分別・再利用の事業に転換し、また工場周辺のクヌギ林を整備し公園に転嫁し、地域の人々や国内外から見学者が多数訪れるほどの会社へ変革したすばらしい会社です。

社会から必要とされる会社にならなければ、会社は持続しない。そう考えた石坂社長はダイオキシンバッシング後に焼却事業と決別し、分別事業へと切り替え、現在では業界でもトップクラスの「減量化・リサイクル化率98%」を達成しています。

事業を切り替える際には、反対する社員さんもいたそうですが、石坂社長のリーダーシップと熱意、そして「美しく生きる」というスローガンを全社で共有することで地域だけでなく、世界から必要とされる会社になったのです。

石坂社長の研修で、謙虚な心と前向きな姿勢、そして努力と奉仕の大切さから地球人としての生き方を学びました。

まずは、日々の生活の中から、ごみの分別を細かなところまでめんどくさがらずにやる。そして、プラスチック問題を自分事として考え、できるだけ使用しない生活に切り替えることから始めます。




担当:石澤

 

夏休みの悪夢再び (2018.9.10)

 今年もようやく長い夏休みが終わりほっとしている今日この頃ですが、つい1週間前は毎年恒例の自由研究作成でてんやわんやの状況でした。

 毎年そうなのですが、夏休みが終わりに近づく頃、「今年は何作ろうか?」と独り言のように口に出して助けを求めてきます。早くやればよかったんじゃないと同じセリフを繰り返すこと早○○年。
 仕方がないので、何を作りたいか考えておくように言いましたが一向に考えず、親の私が色々提案をし、2号が関心をもったものを作り始めました。
 今回は「リニアモーターカー」を作ることにしました。ご存知の方も多いと思いますが、フレミングの左手の法則(電磁力)により動く作品を作りました。ほぼ、親が作ったようなものですが、2号の力作がこちら               
Img_4016_2 作り終えた後、電磁力で動いた作品に驚嘆し、どうにか今年も無事終了。
 1号から2号 そのあと3号も控えているため悪夢の夏休みがいつまで続くのやら。
 宿題代行にお願いできれば・・・・・
 
                担当:ボヤッキー

浦島太郎状態 !? (2018.09.03)

9月に入ったとはいえ、まだまだ暑さから解放されそうもありません sunsunsun
年々暑い期間が長くなっているように感じるのは私だけでしょうか???

さて、仕事をする上で、パソコン pc は必須アイテムという方が多いと思います。
ノートパソコンを常に持ち歩き、移動中でもお仕事をしている方を新幹線の中などで時折お見かけします。
常に今できる最高の状態で問題なく使えているのはありがたいことです・・・でもこれはあくまで仕事での話。

個人的には、最初に使用できる状態になったら、ずっとその状態を維持してほしいというのが本音です。
設定等も時間がかかりますし、インターネットに繋がっている状態は不要なので、得たいの知れないウィスルに感染する心配もありません。1週間に一度電源を入れるかという使用頻度で、正直使えなくなることなどないと思っておりました・・・think

しかし、就職して以来ずっと使ってきたパソコンが、とうとうご機嫌を損ね始めました


 電源が入らない (・_・)エッ....?
 入っても突然電源が落ちる ι(´Д`υ)アセアセ


使用してきた年数を周囲の方に話すと、当然 ┐(´д`)┌ヤレヤレ と。

思い切って家電量販店に足を運んでみましたが、スタッフの方の多さに動揺 crying
勇気を出して、話しを聞いてみましたが、何をするにもインターネットが繋がっていることが条件と知り、開いた口が塞がりませんでした。

 『いったい、この人はいつの時代から来たんだ (((゚Д゚))) !?』

というスタッフの方の心の声が聞こえてくるようです。
便利な世の中ですが、このときほど不便な世の中になったわ・・・と思ったことはありませんでした。

時代の流れに逆らうことはできませんが、私自身にとって本当に必要かどうかはよく検討したいと考えている今日この頃です。



担当:コーヒー cafe大好き人

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »