« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

山登り(2018.6.25)

 今年も早、梅雨の季節になりました。
ヤマノボラーな私ですが、梅雨になるのに今年はまだ山に登っていません・・・という話をしていると、筒木から「 新宿には山がある 」との情報を入手。それでは今年の登り始めはそこにしよう!と早速仕事帰りに登山してきました。

 スマホナビに導かれること徒歩25分。戸山公園内に突如現れる山道。テンションがあがります。

Yamamichi

さあ!登るぞ!


Sanchou

よし山頂!あれ?


 登山時間1分にて山頂に到着しました。公園に来るまでの方が時間かかったな・・・と、ちょっとだけ思いましたが、それでもここは山頂。やはりどこか空気が違う気がします。周りに木々があるため、360度パノラマ風景というわけにはいきませんでしたが、それなりの高度感に気分は↑です。やっぱり山は良い・・・と後ろ髪を引かれつつも夕暮れが迫ってまいりましたので下山しました(所要時間30秒)。

 今回登った山の名前は「箱根山」といいます。山手線内最高峰!の標高44.6m。由来も実に由緒あり(尾張徳川家の下屋敷)、公園自体もすごく綺麗な場所です。新宿にも色々な場所がありますね。

 なんと登頂証明書まで発行されますので、皆さま、新宿へお越しの際はぜひ、アタックしてみてください。

Photo


担当:富士山fuji毎年登り隊1号

菩提寺のこと、臨済宗 栄西のこと      2018.6.18

みなさん こんにちわ、お元気ですか?

さて、私事ですが、私の菩提寺は熊谷市にある

臨済宗 通泉山 円福寺 とゆう名の禅寺です。

小さいころ、ここが経営していた保育園で育ちました。

よくここの本堂でお昼寝をさせていただいたことを

覚えております。

臨済宗の開祖は、栄西禅師でとても有名ですが?

それ以上の事、知っていますか?!

☆今回、栄西禅師とお茶について、お話しします。

鎌倉時代初期、1191年に栄西は宋から帰国する際に

お茶の苗木を持ち帰りました。そして長崎県平戸に

日本初の茶園を開き、さらに福岡県、佐賀県に茶園を

開いたと伝えられています。

日本のお茶文化は、栄西によって始まったと言えるでしょう!

栄西は、1202年に京都に建仁寺を建立しました。

その後、京都でもお茶の栽培が始められ、今日の宇治茶に

代表される京都茶栽培の礎を築きました。

☆鎌倉時代に、こんな栄西のエピソードがあいます。

栄西が鎌倉幕府に招かれ、三代将軍源実朝が二日酔いで

苦しんでいた時に、お茶を勧め、実朝がお茶を飲んだところ

たちどころに不快が消え、たいへん喜ばれたと伝えられています。

栄西は、晩年に「喫茶養生記」を著しました。

「茶は養生の仙薬なり。延命の妙術なり。山野之を生ずれば、

その地神霊なり」という文章で始まります。

まさに、お茶は栄西禅師の「こころ」

昨今の日本茶ブーム隆盛は、栄西禅師の尽力かもしれません。

合掌 沙弥こうえん

旅行記(2018.6.11)

梅雨に入りrainじめじめとした日が続いておりますが、

皆様如何お過ごしでしょうか?

今回は、先日箱根へ家族(みるく含む)旅行rvcarに行ったときの

お話をさせて頂きます。

みるくdogが一緒なのでペットOKの宿や観光スポットを

探し行ってきましたhappy01

そこで、まず立ち寄った場所が「いちご農園」です。

なんと、そこは子供料金でペットOKでしたsign03

みるくをだっこしながらの家族全員初いちご狩りhappy01

人生で初めていちごでお腹が一杯になりましたdelicious

(笑顔ではありますが、みるくはあまり食べず・・・coldsweats01)

Img_6618

その後、宿ではなんと犬専用の温泉spaを発見sign03

みるく人生初の温泉ですshine

Img_6667_2


(若干固まっております・・・bleah)

ペット同伴での旅行は行く事ができる場所が

結構限られてしまう思っておりましたが、

探してみると意外と行ける場所が

あるという事を知りましたhappy01

色々リサーチし、またみるくと一緒に旅行したいと思いますheart01

担当:GU-FU

大好きな場所(2018.6.4)

  新緑が綺麗な季節ですsun
いかがお過ごしでしょうか?

今日は、こんな季節にお勧めの私の大好きな場所をご紹介しますheart04

Image_6483441_2

Image_6483441_1


Image_6483441_2_2

 こちらですheart02

こちらは、東急東横線の大倉山駅から徒歩7分の大倉山記念館という建物ですpen


実業家で後に東洋大学学長を務めた大倉邦彦氏(1882-1971)により昭和7年(1932年)に
「大倉精神文化研究所」の本館として創建されました。
昭和56年(1981年)横浜市が寄贈を受け、大改修のうえ建物の保存を図るとともに、昭和59年(1984年)横浜市大倉山記念館として生まれ変わり、平成3年(1991年)には横浜市指定有形文化財に指定されました。

ギリシャ神殿様式のピロティー、昭和初期の雰囲気を残す集会室、神社建築の木組みを取り入れたホール、エントランスなど、映画やテレビのロケ地としても数多く活用されているそうです。




二か月に一度の割り合いで、こちらのホールでコンサートがあります。
地元のボランティアの方々によるコンサートで、クラシック、タンゴ、三味線などなど、ジャンルは多岐に渡り、これから世界で活躍されるであろう若き新鋭たちが出演しています。


私もこの場所を知ったのは、このコンサートに行ったことがきっかけでした。
急な上り坂を上ること7分。
そろそろ限界。。。。。。sweat01というタイミングで、緑に囲まれたこの素敵な建物が見えてきます。


ベンチもあるので、散歩で来るのも楽しいですshine


遠出が出来ない時でも、渋谷から約40分のここへ来て、風を感じ、緑を楽しみリフレッシュするのが大好きです。

機会がありましたら、是非お出かけくださいnotes


担当:うーやんfuji

 

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »