« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

ホキ美術館(2018.5.28)

 私はGWに一度行ってみたかったホキ美術館へ行ってまいりました。

ホキ美術館は日本初の写実絵画専門美術館です。Img_1229_2

写実絵画とは「写真のように精密に描かれた絵画」。

実際目のあたりにしてみると、もはや絵画でなく写真そのもの。

風景は勿論、人間の手の血管や髪の毛の1本1本に至るまで、驚きの連続です。

写実絵画は1年に数点しか描くことができないということが頷けます。

 ホキ美術館は医療機器メーカーのホギメディカルの創業者である保木将夫氏が、1枚の写実絵画との出会いから写実絵画のみを集めるようになり、自宅の隣家を展示兼収蔵庫にしImg_1233、年2回近所の方にお披露目していたそうですが、1日1000人もの方が来るようになり、美術館を設立されたそうです。

美術館の建物も「日本建築大賞」に選ばれただけある素敵な建物。三層の長い回廊を重ねたデザインになっており必見です。

 写実絵画の美の世界を堪能した後は、美術館に併設している本格イタリアンレストランで美味しいお食事もいただきました。(レストランは前日に予約することをお勧めします)

Img_1232_1_3
日常から解き放たれ、癒された1日を過ごすことができました。

東京駅から京葉線快速で丁度1時間。土気駅からバスで10分。近からず遠からずの丁度良い距離です。

是非、皆様もお出かけください。

写実の魅力に引き込まれますよ。

ホキ美術館

千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15

☎043-205-1500

https://www.hoki-museum.jp/

ししちゃん

不思議な整数(2018.5.21)

こんにちは!いかがお過ごしでしょうか?

GWが明けて2週間が経ち、お仕事のペースもだいぶ取り戻せてきた頃でしょう。

さて、今回は不思議な整数について少しお話しさせて頂きます。

皆様、「142857」という整数、ご存知ですか?この整数、巡回数と言うそうなのですが。

この整数を私先日初めて知ったのですが、そこから調べて電卓を叩いていくとこの整数の不思議さに頭が回ってしまいました。

その不思議というのは、

「142857」に1から6の数字何を掛けてみてもできる6桁の数字はどれも142857の並び順を崩さない6桁の整数になるのです。

142,857×2=285,714

142,857×5=714,285

さらに、その掛けた数字を3桁ずつに分けたものを足し合わせると必ず999に。

 285,714→285+714=999

 714,285→714+285=999

また、2桁ずつに分けたものを足し合わせてできた数字を1桁ずつ足し、さらに、もう一度1桁ずつ足すと必ず9になってしまうのです|д゚)

 285,714→28+57+14=99→9+9=18→1+8=9

 714,285→71+42+85=198→1+9+8=18→1+8=9

 

そして、掛けた数字が7桁以上になった場合は7桁より上の数字を下6桁の数字に足すとまた142857の並び順に。。。

 142,857×23=3,285,711→285,449+3=285,714

 142,857×857=122,428,449→428,449+122=428,571

 

最後に、7や777など7のゾロ目を掛けて上記と同じ計算を行うと必ず999,999に。何かこのあたりに不思議の秘密があるようです(*_*)

 142,857×77=999,999

 142,857×7777=1,110,998,889

→998,889+1,110=999,999

 

何とも不思議な整数でした^^)/

 

担当:はっぴーしんちゃん

末っ子がついに幼稚園へ(2018.5.14)

皆様、こんにちは。

冬が終わり、春になり、もう梅雨が近づいてきました。

一日一日が本当に早く感じます。

 

我が家では、3兄弟の末っ子・陽菜が4月から幼稚園に通っています。

2人のお兄ちゃんの性格はシャイなんですが、妹の陽菜はよくしゃべるし、活発女子です。したがって、お兄ちゃんの時とは違い、幼稚園でもすぐに馴染むだろうと安心していました。

 

案の定、毎日幼稚園でたくさん遊んできているみたいで、「幼稚園楽しい!」とうれしそうです。

 

1歳の時には、扁桃腺除去手術を受け、約2週間入院生活を送り、親として私も心配していたのですが、あれから2年が経過し、元気に楽しく生活している娘の姿を見て、ホッとしている今日この頃です。

担当:たまちゃん

Img_1471_3



予想外の旅行 (2018.5.7)

 3月末、久しぶりに家族で旅行へ行ってきました。

場所は、バルセロナ。

バルセロナと言えば、ガウディの建築物など芸術、それとFootball。

言わずと知れた、FCバルセロナの本拠地。

 旅行の予定はいつもと違い早めに計画をしていました。

準備万端と思いきや、バルセロナの試合のチケットを予約していないことに気づき、慌てて予約

のため、リーガエスパニョーラの日程を確認していたことろ驚愕な事実が判明。

 なんと、試合が無い。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

 国際Aマッチ(代表戦)ウィークでリーグ戦の開催がない週でした。

滅多に行くことが出来ないため、子供たちも楽しみにしていた試合が無いということで、私は

子供たちからバッシングの嵐でした。

その埋め合わせではないですが、バルセロナグッズをたくさん買うことでどうにか穴埋めが

出来ました。 次こそは生観戦!                              ボヤッキー

Img_3864

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »