« 2018年3月 | トップページ | 2020年1月 »

2018年4月

駅ナカの足湯(2018.4.23)

駅ナカの足湯

 

先日、長野県辰野町への出張を終え、帰路につこうとしましたが、「あずさ」の時間まで1時間以上ありました。何も考えず待つことも考えましたが、2駅移動して、上諏訪駅の駅ナカの「足湯」に浸かることにしました。

「いや~、いい湯ですねっ!!」

熱めのお湯のため、5分もかからぬうちに、足はポカポカです!

まだまだ時間がありましたので、風に当てては、お湯に浸かってを繰り返し、時間をつぶしていました。おかげで、12日の出張の疲れが癒されました。

「あずさ」のなかでは、食事をしたら、爆睡ですね。あっという間に新宿まで着いてしまいましたが、新宿に着いても、長野の温かさを感じたのは気のせいでしょうか。

 

少し時間ができた時に、こうした施設があると嬉しいですね。

しかも、この足湯は無料なのです。

切符があれば誰でも入れ、隙間時間で利用できるのでありがたいですね。

また、時間があったときには、間違いなく行くでしょう。

みなさまもお近くに行かれた際には、利用してみてはいかがでしょうか。

Photo

 

ピカル☆LED

AI (2018.4.16)

  最近よく耳にする「AI」。
 私が小学生の頃、スマホはもちろん、パソコンだって周囲にありませんでしたが、今や日常生活でも仕事でも、電子機器なくして過ごすことはできません。いずれはAIなしでは生きていけなくなる、と言うのも遠い未来の話ではないのかもしれません。

 幼い頃、祖父に遊んでもらって以来、私は将棋Koma_h_01 が好きです(弱いですが)。最近は藤井棋士の活躍で将棋もクローズアップされているので、嬉しい限りです。
 さて、そんな私が昨年まで燃えていたのが「電王戦」と言われるプロ棋士とコンピュータ将棋ソフトウェアとの非公式棋戦です。
2012年から6年間、毎年行われていましたが、結果はほぼコンピュータの勝利。そりゃ一秒で億単位の先を読むコンピュータpc(スーパーコンピュータの「京」は世界中の全人口(70億)が17日間かけて計算するものを1秒で処理するそうです)に敵うわけがないと思ったものですが、それでもプロ棋士として名人として、当時名乗りを挙げてコンピュータと奮闘する姿(静かに座っているだけに見えますが、頭の中はフル活動しているんですよね)には胸が熱くなってしまったものです。

 AIと人間の対決は囲碁 Fe8787e9d6882315df7a2304a5dd86db でも行われていましたが、結果はやはりコンピュータの勝利。そして今年の4月で囲碁電王戦も終了してしまいました。現在のコンピュータ性能を考えれば、もう人間はコンピュータに勝てないのかもしれません。
それでも、勝負には負けてしまった棋士の方々の姿の、高みを目指す様に心を動かされるのも事実ですし、関係者の方の「人間とは違う見方をするコンピュータ」と「人間が積み重ねてきた見方」を知り、それを体験することができたのが嬉しかった、という言葉は、人間が生み出した人工知能に人間が越されてしまったとしても、なおその先を人は目指すのだろう、と思わせてくれました。

 将棋も囲碁も対戦がなくなってしまったのは残念ですが、これからも人間とAIの切磋琢磨は続いていくのでしょうし、いつかまた、「AI」を超える棋士の方が現れた時、電王戦が復活するのを楽しみにしていますhappy01



富士山fuji毎年登り隊1号

春爛漫(2018.4.9)

春光うららかな今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今年は花散らしの雨も降らず、長く桜を楽しめたように感じますnote

毎年、この季節を楽しみにしつつも満開の桜を見逃している私ですが、今年は違いました!

満開の桜並木を歩いたり、夜桜見物をしたり、暖かかったこともあり出掛ける機会を沢山持つことが出来ましたhappy01

静かな夜桜を楽しむというよりは、ブルーシートを広げての大宴会を楽しむ人々に囲まれての賑やかなお花見は初めてだったので、それもまた楽しい経験となりました。

愛犬も人の多さに圧倒されていたようです。終始、大人しくしておりましたhappy01note

3


1_4


朝日に照らされた桜も綺麗ですが、ライトアップされた桜もまた見事ですね。

また来年も夜桜を楽しみたいと感じました。

数年前に靖国神社で購入した我が家のしだれ桜の鉢植えも、綺麗に咲いてくれましたcherryblossom

5_5

あっという間に春爛漫、そしてこれからは新緑の美しい季節。

一瞬一瞬を大切に過ごしていきたいと思います。

担当:シホ★デゴザイマス

2018年度始まり(2018.04.02)

いよいよ新年度が始まりましたね。

新入生、新社会人の皆様、おめでとうございますshine
新しい環境で、これから多くの経験を積まれることと思います。


さて・・・数年前、この場で、真夏にひまわりのお話をさせていただきました。

あれから5年が経とうとしています。
パパがお空にお引っ越しをしたのは、【ひまわり】ちゃんがまだ2歳になったばかりでした。
当時の彼女にはとても酷な現実でした・・・ weep

そんな彼女も今では、ピアノに算盤、水泳と大忙しです。
そして、この4月から、ランドセルを背負って、小学校に通います pencil

私が子どもの頃は、男の子は黒のランドセル、女の子は赤のランドセルと決まっていましたが、今は随分とカラフルになりましたね~
あれだけ色とりどりなら、後ろ姿で見分けられそうです(笑)

ちなみに【ひまわり】ちゃんのランドセルは、キャメル色♪
1年以上前から予約をしたそうです w(゚o゚)w

Dsc_0156_3


ママとランドセルを背負った【ひまわり】ちゃん

きっと咲き乱れる桜と澄み切った青空にパパの気配を感じることでしょう。


入学式の日は、良い天気に恵まれますように・・・heart04







そして、彼女の学校生活が、満開の桜のように周りの皆さんに愛される人となり、輝かしい時間となりますように。


担当:キャンベルなおみ







« 2018年3月 | トップページ | 2020年1月 »