« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

梅祭り(2018.2.26)

草木も芽を出し始め、春の息吹を感じる季節となりましたが、まだまだ寒い日が続いておりますね。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

江東区にある亀戸天神では2月4日(日)~3月4日(日)まで梅祭りが開催されています。

先週、私も亀戸天神に立ち寄ってみたところ、大勢の方がカメラ片手に梅の花を愛で、参拝の列をつくっていました。

亀戸天神は菅原道真公をお祀りし、学問の神として多くの信仰を集めている天神様ですが、

道真公は特に梅の花を好まれたそうです。

そのため境内には約300本の梅が植栽され、毎年 紅白の梅が見事に咲き誇ります。

ほんのり優しい梅の香りを感じ、白から濃いピンク色まで華やかな色合いの景色を堪能し、心穏やかなひとときとなりましたconfidentnote

今年は寒い日が続いたためか、例年より開花がゆっくりのような気がします。

品種によっては早咲きの梅から遅咲きの梅まであるそうなので、今年も長く楽しめそうですnote

1_3

2_2





亀戸天神は藤の花でも有名とのことなので、4月下旬には見事な藤棚を見に、そしてまた季節を感じに訪れたいと思いますhappy01shine

亀戸天神HP: http://kameidotenjin.or.jp/

担 当:木 付

AZUSAとNew AZUSA debut のお話

皆様、こんにちは!
今回は特急あずさのお話です。

  私の毎月の長野出張の良き相棒が、中央本線を走る特急あずさです。
  今までスーパーあずさで使われていた車両(E351系)は、1993年にデビュー。カーブが多い中央線でもスピードを落とさずに走れる、JR東日本初の制御付き自然振り子式構造が大きなウリでした。ちなみに、アルファベットの「E」はJR東日本所属を示しています。
  しかし、このあずさ、私にとっては最大の問題であり、欠点がありました。冬になると、とにかく足元が寒くなるという欠点です。外からの外気が隙間風になって入ってくるのです。
  長野出張を定期的にするようになってから十数年。昨年の暮れには、長年にわたり無事故で長野出張を支えてくれた特急あずさに別れを惜しむために、出張先でお世話になっている仕事仲間とグリーン車に乗車しました。
  驚きました!。まったくの偶然だったのですが、その最後の日に、上諏訪へ仕事で出張に来ていた高校時代の旧友と座席でばったり。こんなこともあるんだと感激しました。

  いよいよ、今年、新型あずさ(E353系)の営業運転がようやく開始されました。3月のダイヤ改正では、スーパーあずさのすべてが新型車両になるそうです。

[上諏訪駅にて撮影 by i-Phone]


  さて、New AZUSA の実力です。
  走行時の揺れと傾斜が以前に比べ大きく減ったように感じました。快適です。座席は広く、可動式の枕がポイント。室内照明はやさしく、空調の吹き出しが座席ごとになりました。
小さかった取り出し式のテーブルは、ひと回り大きくなり、パソコンが安定して置ける大きさになりました。さらに、電源は全席に完備されています。
一番大切な、走行音は、静かで居住性という機能が大きく改善されたように感じました。
冬の旅の醍醐味は、温泉と雪景色。ゆっくり楽しみたいものです。


担当:三浦 泰

青梅ソフトクリーム(2018.2.12)

こんにちは!sun

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

今週末の春を思わせるような陽気と、雲間からのぞく太陽の光を見ると思わずほほが緩んでしまいますね

happy01

食べることが大好き!restaurant

美味しいものを食べられるのであればどこにでも足を運びます!

食レポ担当の辻井ですpig

今回は私のお気に入りの甘味をご紹介します!

 

東京都青梅市梅里にあります、「紅梅苑」というお店の青梅ソフトクリームです。

梅里といえば、青梅吉野梅郷が有名ですね。

吉野梅郷は、日本一の梅の名所にも選ばれた梅の町で、私の母の実家が青梅にあったこともあり、私も幼いころは吉野梅郷にはよく行きましたnote

幼いながらに、見渡す限りの大きな梅の木を見上げて、山々を駆け回っていたことを思い出します。

 

しかし、ご存知の方もいるかと思いますが、平成21年、吉野梅郷では梅の木がウイルスに感染してしまい、全ての梅の木が伐採されてしまいました。

あの美しい梅の花が無くなってしまった吉野梅郷を見た時は凄く寂しい気持ちになりました。

 

その後!2016年より梅の植樹が再開し、吉野梅郷再生プロジェクトが始まりましたshine

ここ、紅梅苑さんも吉野梅郷の梅の木の伐採に伴い、観光客が激減した吉野梅郷を再び活性化させるべく、生まれたのがこの青梅ソフトクリームだそうです。

 

色鮮やかな緑色の青梅シロップは甘すぎず、酸味が強すぎず、甘いソフトクリームとの相性は抜群!heart

梅の香りを楽しむことができますgood

青梅が苦手、という方でもぺろりcatfaceとべてしまう美味しさです!

 

青梅ソフトクリームを食べながら、吉野梅郷の美しい梅郷に思いを馳せてみて下さい。

私も吉野梅郷の再生を楽しみに、

また青梅ソフトクリームを食べに行きたいと思いますcar

Img_1380_3


紅梅苑 HPhttps://www.koubaien.net/

担当:辻井晴香

節分(2018.2.5)

鬼はー外!、福は~内^^

2月3日は節分の日でした。
ご家庭で豆まきをされた方はどのくらいいらっしゃいますでしょうか。
少し前までは、節分の頃にスーパーに行くと、鬼のお面と豆まき用の豆がびっしりと並んでいました。
今は、というと、恵方巻が大々的に販売されていますね。
鬼の顔も端っこのスペースに追いやられ、その顔も何だか物悲しそうです。

D464d8e236f8c534d0b41e165424dc50_t

さてさて、この恵方巻一体いつから?
と調べてみたところ、1998年(平成10年)にセブンイレブンが、「丸かぶり寿司 恵方巻」と称して太巻きを販売したのがきっかけだったようです。まだそんなに経過していないのですね。
もう既に豆まきと同様に節分の代名詞となっている感じもします。
美味しいので、子供にも受けが良く、広まりも早かったのかもしれません。

そんな恵方巻ですが、売れ残ったものが大量廃棄される、それも店頭にも並ばないケースもあったという悲しいニュースを見ました。
次の日に半額で販売されていたら購入します!
と思うのは私だけでしょうか。

福を呼ぶ為に販売される恵方巻が、一方では食品ロスという悲しい現実を呼んでいます。
発祥とされるセブンイレブンさんには、是非対策を練って欲しいものです。

皆さまに、福がありますように。

担当:今日一

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »