« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

雪(2018.1.29)

先週は、“4年ぶりの大雪”と“33年ぶりの寒波”が襲来!

とても寒い一週間となりました。

降り始めたときは「あー雪だ!」と童心に返り、一面真っ白な景色はまるでスキー場を歩いているようで感動しました。

しかし、吹雪いて積もり出すと「歩きにくい、転びそう、寒い、顔にかかる雪が煩わしい…。」車やバスもスノータイヤに交換したり、チェーンをはかせたり、電車は遅延や運休になったり、人も車も大混乱です。

自然の力に人は無力だと言うことをつくづく思い知らされました。

翌朝、商店街の皆さんがすぐに雪かきをしてくれていたので歩きやすかったのですが、住宅街の道はそのままのところが結構多くて、足元が滑りそうになったり濡れたりで…。しかもそのままの状態で時間が経つと凍ってしまいとても危険です。

雪かきの重要性を今更ながら肌で実感した次第です。

雪国に住んでいる方々は本当に大変な日々を送っているのだなと思います。

そこで格言。

“鉄は熱いうちに打て”ならぬ「雪は積もりたてのうちにかく」ですね。

数年後、また積もるようなことがあったら、今度は出来ることをお手伝いしょうと思います。



Yuki2018_3
担当:岡嶋

能初め(2018.1.22)

 本年も、はや半月以上が過ぎました。
年が改まってから初めてものごとを行うことを ○○ 初めと言いますが、皆さま色々な ○○ 初めをされていることと思います。

 私は先日、能初めをしてきました。と言っても演じるのではなく鑑賞ですが、会場にはたくさんの方々がいらっしゃっていて、さすが伝統文化だな・・・と感じました。

 狂言は「咲華」という演目で、台詞は古文なのですが現代語に近く、物語や演者さんの動作も非常にユーモラスなので、ついつい笑いが出てしまいます。何と言っても狂言は今でも「そういう事あるある」とか「そんな人いるいる」とか身近な話題のものが多いように感じます。
メインの能は「夕顔」という、源氏物語を元にした非常に幽玄で流麗なものでしたが、正直、(私、初心者なもので)極上のリズムで微睡みの世界へ誘ってくれる何とも贅沢な演目でした。能が始まる前に、演目についての解説をしてくださっていたので、あらすじや時代背景などは頭に入っており、先が気になるんだけど、気が付けば一瞬気を失っている?!という瞬間が1、2度ありました。残念・・・。
新春公演がこの演目に決まった時に、主催される方々も「この演目でいいの?!」と言ってしまったそうですが、衣装も落ち着いていながら文様など美しく、重ねの色味も素敵なものでしたし、舞い自体もゆっくりとしていて美しい所作に感動します。日本人のそこはかとない可憐さを好むツボをぐいぐい押してくる演目ですね!

 能も伝統を繋ぐために様々な取組みをしているそうです。今回はプロジェクターが舞台の横に設置され、台詞の要約や動作の意味を表示されていました。他の能楽堂では、外国の方向けに英字で流すこともあるそうです。その他、演者さんが公演後の質疑応答で色々お話してくださり、能への興味もかき立てられます。
伝統芸能を、試行錯誤しながら守っていきたい、そんな気持ちを感じる公演でした。

 歴女の皆さまには特におすすめです!

Yuugao

担当:山本

ふるさとの大掃除    2018.1.15

みなさん 年末年始 いかがお過ごしでしたか!

園芸愛好家の小島でございます。

私の年末年始は、掃除に始まり、園芸に終わります。

毎年、年末に実家に帰ると、体が不自由で一人暮らしの母に代わり

家中の大掃除を行います。本年は、年末3日間掃除をすることができました。

1日目は、1Fのお掃除。和室を中心に天井から窓拭きから、更には神棚の掃除。

天井の隅に蜘蛛の巣が張っていたのには、驚きました。

2日目は、本丸の台所の掃除。不自由な足で、どうにか食事を一人で作る母の

悪戦苦闘の足跡が随所に散見され、きたないこと!床、食器棚、冷蔵庫等掃除を

進めていると、何と賞味期限切れの食料品を大量に発見?こっそり捨てます!

3日目は、2Fの掃除。私の書斎を中心に、全部の部屋の窓拭きも行います。

夕方まで掃除は続き、6時位になってやっと終了といったところ、もうヘトヘトです。

毎年の大晦日は、疲れきって早寝というのがいつものパターンになりました。

さて、年明けですが、正月早々することも無いので家の家庭菜園のお手入れに

入ります。現在、畑では「だいこん」と「ほうれん草」がこの寒空の中、どうにか

育っています。今年は天候不順で生育が悪く、小ぶりなものばかりです。

また、この時期はお花が寂しく、ホームセンターでパンジーとビオラを購入し

かわいいプランターに寄せ植して、玄関まわりに飾りました。

これで、我が実家にも 「春」 が訪れてくれれば幸いです!!

みなさん ふるさと 親を大切にしていますか?

つたないお話しでしたが、私は年末の大掃除をずっと続けます。

初詣(2018.1.8)

新年明けましておめでとうございますhappy01

本年も宜しくお願い申し上げます。

皆様はどのようなお正月を過ごされましたでしょうか?

私は今年も明治神宮に初詣に行ってきましたdash

お客様にご縁を頂き明治神宮崇敬会に入会させて頂いてからは

毎年明治神宮に参拝していますsun

都心とは思えない森厳な杜で参拝出来ることを

今年も感謝しながら参拝してきました。

また、今年私は数えで41歳で前厄にあたり、

厄払いもして頂きましたshine

Torii

今年も明治神宮の干支鈴を買う事ができ、

8体目となりましたheart01

Etosuzu_3

(干支鈴よりもみるくが大きくてすみません...)

今年も健康に初詣出来ることに感謝し、

公私共に気持ち新たに精進してまいります。

担当:諸永

年頭所信 (2018年 元旦)

新年明けましておめでとうございます。
  皆様におかれましては、輝かしい新年を迎えられましたこととお慶び申し上げます

  最低賃金の連年改定にはじまる賃金の上昇と、毎年5,000億円とも6,000億円とも言われる社会保障費の増加を賄うための負担の増加が続いています。

  中小企業の基本戦略は、競争回避です。差別化戦略で価格以外での優位性を図ったり、自社の得意とする能力にマッチしたセグメントへの集中戦略で市場での優位性を保ったりしてきたのです。

  この賃金と社会保障費の負担の増加が、中小企業の基本戦略を根幹から揺るがすことは間違いありません。

  大きな外部環境変化への対応策は、自社の最も得意な事業ドメインに焦点を当て、どのようなお客様に対して、どんな機能を、どのような技術によって提供していくのかを考え、具体化することでこの負担を賄うだけの付加価値の向上を目指す以外に生き残りの道はありません。

  業績悪化の原因を外部環境変化へ求めても何も解決しません。
「因は我にあり。」
 肝に銘じたいものです。

  本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

理事長  筒木 勝

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »