« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

映画『ソニータ』  (2017.12.25)

 今年も残すところあと一週間になりましたdash


皆様にとって、今年はどんな一年でしたか?


私は先日今年最後の映画を観て来ましたmovie


タイトルは『ソニータ』shine
ドキュメンタリー映画で、児童婚撲滅を訴えるアフガニスタン生まれのラッパーの
女の子のお話しでしたkaraoke

Sonita_main1

penあらすじpen
 ソニータは、ミュージシャンの精神と、活動家としての情熱をあわせ持ち、ラップを手段として強い信念と勇気で女性や少女の人権擁護のために活動している。

幼少期にタリバンから逃れるために家族とともにイランに渡り、滞在許可書なく不法滞在する難民の一人としてテヘラン郊外の貧困地域で暮らし始める。

公的な身分証明書がないため、学校には入学できなかったが、NGOの児童保護センターで教育を受け始める。

16歳の時、兄の結納金を得るため家族に結婚を迫られる。
しかし彼女は結婚ではなくラッパーになって児童婚をなくしたいという別の人生を思い描いていた。

自分の身に差し迫る結婚、そして同じ境遇の数多くの友人たちの気持ちを代弁した
『売られる花嫁』(原題:brides for sale)という曲を作り、ロクサレ・ガエム・マガミ監督の
協力でミュージックビデオを完成させた。

このミュージックビデオをYouTubeに投稿すると、すぐに話題となり、瞬く間に世界中へ拡散され、彼女の運命を変えていくことになった。





。。。。。。。。。。。。。





 2か月位前にはNHKでもこの映画のことが放送されたそうです。


今はYou Tubeでも『売られる花嫁』は観て聴いていただくことが出来ます。
是非一度観てください。(3分ちょっとの映像です)


私は、『児童婚』など初めて聞く言葉や、難民の子供たちの生活を想像したこともなかった自分の幸せな環境にショックを受けました。


映画のオフィシャルサイトに、俳優の斉藤 工さんのコメントが載っていました。
その中の一文に、

『この映画の意味を 受取手が意義に変えなくてはならない』

とありました。


世界中の子供たちが笑顔で過ごせる世の中になって欲しいと強く思いましたheart02





今年の社員ブログは今回で最後になります。

一年間お付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。

来年も皆様にとってshine希望に溢れたすばらしい一年shineになりますことを御記念申し上げます。


担当:野路

25年の軌跡(2017.12.18)

 先日の1123日に私は結婚25年を迎えることができました。

ひとえに妻の努力の賜物と思っております。

あっという間の25年間でした。

 

 25年間を振り返ようと、昔のVHSテープとビデオデッキを押し入れから取りだし、子供たちが小さいころのビデオを見ました。こんなこともあったのだなとしみじみと感慨にふけり、子育ては妻に任せっきりであったと、もっと子育てを楽しめばよかったなと反省しきりでした。

その子供たちも大きくなり、銀婚式の祝いにとペアグラス

プレゼントしてくれました。Img_0876_4
お祝いを貰えるなんて、子供たちの成長を感じるとともに、妻がしっかり子育てをしてくれたお陰で、立派に育ってくれたのだと改めて感謝いたしました。

 

 結婚式のビデオをも見ました。

25年の歳月の大きさに驚きです。

肌はツヤツヤ、シミ、しわ、たるみ無し。髪の毛はフサフサで真っ黒。

また、今はもういらっしゃらない方が沢山おりました。

25年の月日は当たり前ではないのだな。と、、、

生かされているのだなとつくづく感じました。

 

 これから先、10年、20年、25年と何時までもお祝いできることを祈りつつ、

日々邁進してまいります。              

Img_0782

Img_0759_5

Img_0762_2

担当:宍戸

大祓 (2017.12.11)

皆さん、こんにちは。

 

寒さがだいぶ堪える季節になってきました。もうすぐ1年で最も昼が短い日である冬至(今年は12月22日金曜日のようです)ですね。あっという間に今年も終わってしまいます。この時期は特に時の流れの速さを感じますよね。最近もそんなことを感じる出来事が一つありました。

 皆さん、大祓(大祓とは私たちが日常生活で知らず知らずに犯した‘つみ’や体の‘けがれ’を祓い除ける神事である祓のうち半年の節目、6月と12月の晦日の日に行われる神事です)に参加したことありますか?

私は数年前にこの神事を知ってから近くの神社などで気づいたときに度々参加しています。そんな中今年の6月に初めて行った寒川神社から大祓のご案内が郵送されて来たのです。もうそんな時期か早いなと思うと同時に商売上手だなって正直思ってしまいました。他の神社からはこのようなご案内来た事なかったので。。。

親切に穢れをとってくれる案内をいただけたと思うかお金儲けかって思うか違いますよね。

お金儲けは全く悪いことではないですが。

 

 なんか今年も穢れてる気がしてきたので、寒川神社さんにお世話になります!

Image1_4

担当:和田(慎)

我が家のサッカー小僧(2017.12.4)

皆様、こんにちは。

早いもので、もう年末です。1年はあっという間ですね。

 

さて、今回のブログは、息子のサッカーについてお話しいたします。

長男(8歳)次男(5歳)ともにサッカークラブに在籍し、土曜・日曜になるとチームの練習に参加しています。それぞれ別のチームに在籍しているので、送り迎えはいつも大変なのですが、子供たちの楽しそうな姿を見ることは、親としてもうれしいですね。

 

息子がサッカーを始めた当時、サッカー大好き親父の私は、息子がどのようにしたらサッカーが上手になるかいろいろ考えました。

今思えば、長男にはサッカーを厳しく教えた時期もあったのですが、その分成長も早かったように感じます。しかし、現在、次男には自主的な意思にまかせて練習しており、私はそれを見守っている日々です。

 

あと、23年経てば、次男はどう成長しているでしょうか。

 

子供とサッカーの戦術等、難しいことを一緒に語り合える日を楽しみにしています。

 

担当:石澤

1492333708055_3

Dsc_0017_6

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »