« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

芸術の秋 (2017.11.27)

 芸術の秋です。

 今回2号が通っている小学校の展覧会に行ってきました。1年生から6年生まで全生徒の作品が体育館に所狭しと並んでいる風景に圧倒されました。
 
 学年ごとに課題があり、色とりどりの作品が並べられていて楽しく鑑賞できました。
学年が上がるほど色遣いや、工夫している点などが多く、大人では創造できないような作品が数多くありました。

 子供たちは、他人が何を思うかなど考えず作品を作ることを楽しんでいる証拠だと思いました。自分の昔はそうだったのか??? 何時からか他人がどう思うかを考え、自分の殻を破ることをしなくなったのか? 大人になることは寂しいことと感じてしまいました。

私の感想は、この位で。

さて、今回のメインは2号画伯の作品鑑賞ですが、観る前画伯の幼少時を思い出しました。
画伯の作品は黒・灰色がメインの作品ばかりで寂しいものでしたが、小学校に入学して以来
才能が開花? ┐(´д`)┌ヤレヤレ したのか、色遣いが変化してきました。恐る恐る観てみましたが、さすが画伯といった作品になっていました。

作品は

Img_09961_2
 
← これは保育園時代













Img_30741_2
 
← これが今回の作品

  2号画伯の成長がわかります。

  作品はサグラダ・ファミリアかな?
  後日聞いてみたいと思います。


  担当:伊藤
 
 

今この時期に・・・(2017.11.20)

朝晩めっきり肌寒くなりましたね。
季節の移り変わりが早く感じるのは私だけでしょうか・・・


11月に入り、届けられるものといえば喪中はがき pen
先日私のところにも1通、差出人は小学生時代の同級生から。
お父様が亡くなられたとの知らせでしたが、もうそういう世代になったのかということを実感せずにはいられませんでした。いつまでも若いつもりでいましたが、知らぬ間に年月は過ぎていくものですね。


幸いにも私の両親、ともに病気知らず。
今年は、子である私の方がお医者様なしでは心細い一年でしたので、余計に病気知らずの生活がいかに有り難いかを実感している毎日です。
両親の生活は、それぞれの祖父母の生前の生活を真似しているように見えます。

 ・自分の興味のあることに時間を費やす pencil
 ・言いたいことは我慢せず プチ爆発 pout
 ・時には気分転換を兼ねて遠出する train

想像するに、二人で生きていくにはそれが一番良いと思って無意識にしているのだと娘ながらに思います。


今年も残すところひとつき余り。
この一年ほど『健康』ということに考えさせれた一年はありませんでした。
これをよい機会として、今一度自分自身を見直してみる必要が私にはありそうです。
年末に向けてよい課題ができました。


これから益々寒い季節がやってきます。
皆様風邪を召されませぬよう、ご自愛くださいませ confident


担当:飯嶋

文化の日(2017.11.13)

今年もこの日がやってきました113日は文化の日。私の住んでいる埼玉県狭山市の一大イベント「入間航空祭」が開催されました。当日は普段入ることのできない入間基地が開放されて、ブルーインパルスairplaneをはじめとした航空機の飛行展示・航空ショー、航空機・各種装備品の地上展示などなど、様々な催し物を楽しむことができるイベントです。

航空自衛隊を身近に感じてもらうため、昭和371962)年1118日に第1回入間航空祭が開催されたのが始まりとのこと。入場料は無料、例年航空ファンや家族連れで20万人以上が集まるビックイベント!!今年は約21万人が来場されたそうです。

Img_0794_3 航空祭の目玉は何といってもブルーインパルスのアクロバット飛行!!「日本の文化」を娘とベランダから観覧です。圧巻のパフォーマンスはユーチューブでたくさんアップされているのでそちらをご覧ください。

 入間基地に入らなくても近くには稲荷山公園や彩の森入間公園、河川敷などがあるので観覧できるスポットはたくさんあります。まだご覧になったことのない方は是非とも来年は足をお運びくださいdash

ちなみに仕事柄気になっていたのが狭山市のふるさと納税。返礼品に航空祭の観覧席があったのは驚きでした。狭山市役所の屋上を開放(寄付額50,000円)、昼食にお弁当・飲み物がついてお土産ありというものでした。「一見の価値あり」ということでしょうかhappy01

 

担当 平野

木枯らし一号(2017.11.6)

 一週間前「木枯らし一号」が吹きました。昨年よりも10日も早いそうです。
 7月は、異常に暑く、8月、東北地方は冷夏が心配されるほど涼しく、9月は雨続き。
 そして、先々週の21号、先週の22号と続いた台風。10月の台風も近年はあまり驚かず。そして、この22号が温帯低気圧となり、爆弾低気圧に発達して「木枯らし一号」が吹くというより、吹き荒れました。
 季節が一か月近く早いような気がします。今年の冬はどうなるのでしょうか?
 毎朝、天気予報が「この秋(冬?)一番の冷え込みです。」と伝える回数が増えていくことでしょう。
 ところで、この時期はそろそろ一年の締めくくりに向かっていろいろなことを片付けていくときですが、私は、この一年「分相応」を意識して過ごす目標を年頭にたてました。
 消極的ではなく、足るを知った上での自分らしさを出した仕事・生活を心がけました。
あと2か月、「百尺竿頭一歩を進む」で、更に日々、一歩一歩努力して過ごしたいものです。
 そして、努力・気力も大事な要素ではありますが、上手に力を抜いて「枯れた生き方」を目指します。
 木枯らしで枯れるのではなく!


担当:三浦(修)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »