« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

とある日の出来事(2017.10.30)

妻が病気でダウン。

いつもは気丈で弱音を吐かない妻からの「今日、帰ってこられる?」との連絡。

これはただ事ではないと急ぎ帰宅すること夕方の6時。

さあ、まずは今年3歳と5歳になる愛する娘たちの晩御飯。

こうみえても父さんは長い独身生活の末にお湯の沸かし方なら天下一品ですよ!

と、幼い娘たちにカップ麺を食べさせるわけにはいかず・・・思案の挙句、近所のファミリーレストランへ。

食事中に「ウ○コー」、「ジュースこぼしちゃったー」等々何を食べたのかもわからない始末・・・

続いてはお風呂。

風呂は機会があるごとに、少なくとも週末は一緒に入っているので問題なし!

こどもたちは父とのお風呂をいつも楽しみにしているし。

しかし・・・娘たちの下着は???パジャマは???バスタオルはどこにある???

更には体を洗う順番と歯磨きの順番を間違えて娘に怒られる始末・・・

さあ、気を取り直して就寝前の絵本の時間・・・・って、もうすでに9時を回っているではないですか!?

もう寝る時間だーーーーーと、急ぎベッドへ急行し寝付くころには10時少し前。

うとうとしかけた目を擦りながら残っていた食器類を洗い、ここでやっとこさ一服のビール一杯。

たまの休日に子供たちと留守番することはあっても、それは妻が事前にすべての準備を整えての外出。

主婦って大変だ。

娘たちを溺愛する私は心のどこかで専業主婦の妻を羨んでいました。

子育ての大変さを感じつつも心のどこかで専業主婦って楽しそうだな、と思っていました。

突然やってきた夕方からの戦争のような4時間。

妻はこれを36524時間やっているのだ。

病気をしている暇さえない。

ある日、妻がこんなことを言っていたことを思い出します。

「この子たちを社会に役立つ人間に育てることが私の仕事」

今になってジーンと身に沁みます。

今や我が家の王として君臨する妻の横顔をうかがいながら、いつか大きくなったこの子たちがこの国に生まれて本当によかった、と思えるような国となるようかなりの微力ながら社会に役立つ人間として日々生きていこうと心に誓う、とある日の出来事でした。

かあちゃん、いつもありがとう!

担当:吉田

お出かけの秋(2017.10.23)

日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋maple

この季節は何をするにも絶好のシーズンだと感じます。

先日、愛犬を連れてのシティホテルの宿泊を体験してきました。

舞浜にあるシェラトンクランデ東京ベイホテルの一部に、ドックフレンドリールームという犬と泊まれるお部屋が昨年の12月にオープンしました。

ずっと気になっていたので、念願の宿泊でしたshine

犬専用フロアと一般の方の宿泊フロアをきっちり分けている為、どのお客様にも快適に過ごせるようになっています。

さすがだなshineと思ったのは、犬専用のベットがシェラトンマークの入った特注品だということです。

とてもふかふかで、どのワンちゃんも一度乗ると気持ちよくてベットから下りないという、海外のシェラトンホテルから輸入した代物だそうです。

3


例外なく、うちの愛犬もお気に入りでした。

物音に敏感で臆病な愛犬は、なかなか大人しくはしていませんでしが、色々な経験を積んで楽しめるよう慣れていってほしいと思います。



2_4


担当:木付

非日常を楽しむ(2017.10.16)

皆さん、こんにちは。
10月8日(日)  【高島 ちさ子  12人のヴァイオリニスト】 へ行ってきました。

 会場は、サントリーホール。
2006席ありますが、ステージ後ろのP席まで超満員でした。

 高島さんは、取材によるアメリカ出張からの帰国後だったようですが、疲れを感じさせないステージで、聞きしに勝る高島節が炸裂して、大盛り上がりのコンサートとなりました。
 普通のクラッシックコンサートのテイストとは異なり、お客様を日常会話で楽しませてくださる内容で、途中、目覚ましクラシックでご一緒されている 軽部 真一 氏とのコミカルな掛け合いも一興でした。

 このサントリーホールですが、設計段階から「世界一美しい響き」をコンセプトにして造られただけあって素晴らしい音響で感激いたしました。
 高島さんも「サントリーホールはとにかく音響がいい。」とおしゃっておられました。
 座席も、足が伸ばせてゆったりスペースで、ワインレッドのシートにぶどうの絵柄が綺麗でした。
 あとでわかったことですが、客席に配置がヴィンヤード(=葡萄畑)形式で作られているのでぶどうの絵柄だそうです。・・・なるほどです。

 サントリーには、創業者 鳥井信治郎氏の「利益三分主義」の考え方が脈々と息づいています。
 この利益三分主義とは、事業によって得た利益は、「顧客へのサービス」、「事業の拡大」、そして、「社会への還元」へ役立てるという考え方です。
 サントリーホールもこの精神に基づいて運営されているそうです。

 当日のサントリーホールでは、建設時にヴィンヤードについてアドバイスされた世界的指揮者のカラヤンに由来するマークカラヤン広場では、玉川学園女子中学部高等部のハンドベルクワイアによる演奏も行われておりステキな音色を奏でていました。

 やあ・・・よかった。


以上


担当:三浦(泰)

海鮮どーーん!!(2017.10.9)

気温の寒暖差が激しい季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私もまずは手洗いうがいからと毎日気を付けて生活をしていますsun

 

最近TVなどでよく見かけますが、

「食費にお金をかける人が少なくなってきている」と言われていますね。

食べることが大好きな私としては寂しいことだなと感じてしまうのですが…。

 

そんな食べることが大好きな私がよく行く海鮮丼のお店をご紹介します。

静岡県伊東市にある「伊豆高原ビール本店‐伊豆高原ビールと漁師めし」というお店ですsign01

 

ここの海鮮丼はまさに山盛り!!good

Img_1339_2

 

今流行りのSNS映え!といわんばかりに山盛りに海鮮が盛られています。

初めて目にした時は食べられるのか!?と思いましたが、

ぺろりと完食してしまいました(*^-^)heart01

 

食べ終わった頃にはもうしばらく海鮮はいいかな…と思うのですが、

しばらく経つと山盛りの海鮮丼が恋しくなりまた食べに行ってしまいますpigrestaurant

もちろん、山盛りメニューだけではなく通常の大きさのメニューもありますので、

これは食べられないなと感じる方でも心配はありません!

挑戦してみたい!delicious

写真を撮りたい!camera

と思った方は是非一度足を運んでみてください(o・ω・)ノ

満腹感を得られること間違いなしです!shine

 

暖かい季節も終わり、これから寒い日が続きますが、

私は美味しいご飯を食べて乗り切ろうと思います!riceball

皆様も美味しいご飯を食べて寒い季節をお過ごしください。

 

伊豆高原ビール本店‐伊豆高原ビールと漁師めしHP:http://izubeer.com/

 

 

担当:辻井

○○の秋(2017.10.2)

皆さん、こんにちは。秋を感じる季節となってきました。
秋は「○○の秋」とよく例えられますが、皆さんは何の秋を想像しますか?
私は食べることが大好きなので、一番初めに出てくるのはやはり「食欲の秋」です!

秋といえば、旬の食べ物がたくさんあります。
サンマ、里いも、ナス、かぼちゃ、栗、柿、りんご、梨、松茸…
本当に色々出てきますね。旬の食べ物は、栄養価も高く値段もお手頃!
松茸は高いですが…。

その中でも今回は「ナス」の話題です。

Nas

ナスは、和食、洋食、中華と、どのジャンルでも相性の良い秀逸な野菜ですよね~
朝晩の気温の差によって身が引き締まって、秋のナスは特に美味しいそうです。
ナスの調理方法は色々ありますが、私が一番好きなのは、焼きナスです!

一言で焼きナスといっても、焼いた後の食べ方は人それぞれです。
お店に行くとよく出てくるのが、ショウガと鰹節がのっているもの。
ナスは体を冷やすため、体を温める効果のあるショウガと一緒に食べるのが理にかなっているようです。
何より美味しいですし!

しかし、私が一番好きな食べ方はちょっと違います。
オリーブオイルで焼いたナスにほんの一滴ほどの醤油をつけて食べるというものです。
醤油がいらないときもあります。
ナスの栄養・うま味成分が体に染み渡るような、そんな気分。
是非皆さんもお試し下さい!

朝晩、涼しいですね。
充分な体調管理をして、それぞれの「○○の秋」を楽しく迎えましょう!

今日一

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »